お子様用の積立保険、学資保険と終身保険の違いを簡単に

お子様が生まれてから、将来の学費に備えて、学資保険に加入されるケースは多いですね。

 

一方で、学資保険代わりとして、終身保険に加入されるご家庭も増えてきております。

 

 

学資保険と終身保険の違いとは?

 

保険金又は解約返戻金として、例えばお子様が18歳になったときに受け取ると仮定して、学資保険と終身保険の違いをざっくりご紹介しますと、

 

・学資保険は保険期間中に世帯主に万が一のことがあった場合、保険料の支払いはその後免除されるものの、あくまでも保険金の支払いはお子様が18歳になったときであるのに対し、終身保険は万が一のことがあった場合、すぐ保険金を受け取ることができる。

 

・学資保険は、保険期間満了後、必ず満期保険金が支払われるのに対し、終身保険は、払い込み期間終了後、もし手元の資金で学費をまかなうことができた場合などは、そのまま解約せず、貯蓄運用することを選択することが可能となる。

 

終身保険を選択する場合、「低解約返戻金型終身保険」という商品を用いるケースが多いので、払い込み期間の中途で解約した場合、元本割れが生じる。

 

などなど、それぞれ特徴がありますので、契約の際は、保険会社の方と十分に相談して選択しましょう。

f:id:pyxis-ak:20170427105329p:plain

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です